最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« 譜面台到着 | メイン | ビブラートのこと »

2013-07-10

コメント

うう・・・耳が痛い〜〜。まだまだイイワケいっぱいの私だわ。。しかしながら、チェロを学ぶ過程で「謙虚が大事」ということはたしかに気づけた気がいたします。奥が深いですね!

いえいえ、60過ぎても進歩できるって、希望じゃないでしょうか。そっちが大事な事だと思います。スポーツじゃそういうことはないでしょう。難曲を制覇することが進歩じゃない、音楽的にまっとうになり深みを増す、納得が出来てくる、味わいが増す・・すごく豊かな時間を過ごせるようになる。それは簡単ではないけどやれば出来る。

追加ですが、彼女の話はとても説得力があり感銘を受けたのですが、やっぱり、練習するにしても機械的ではなくて感動を持って練習したいな、いつも心を震わせているというか、音楽出来る喜びを持って練習したいなと思いました。それは、バイオリニストの若林暢先生が生徒にいつも注意する事だそうですが、喜びを持って楽器を練習する事が一番大切だと。そのためには、何を練習しているのか何を目指しているのかが分かっていなくてはいけないのだろうし、1つ1つの音に神経を注いで、生きた音を心がける事だろう。もっともっと注意して自分の音を聴き、悪いところだけでなく良いところを見逃さないように、前向きに取り組みたい。

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

私のお勧め

定番:絶対おすすめ

仲良しショップ