最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

« アマチュアの悲しさ・・モグラたたき | メイン | 小林秀雄 美と出会う旅 »

2008-01-25

コメント

コメントを書き込むのは初めてかも知れません、ときどき読んでいます。横入り、失礼します。

「モグラたたき」の記事から、ちょっともどかしくて思わず書いてしまいます。
 gosyuさんのたとえ、とてもわかりやすいですよ。そうだそうだと読んでいます。われわれのは、ひとつひとつの音符を行き当たりばったりに、その場限りで対応してます。あるいは、ことばをすべてひらがなで「いろはにほ、、、」と読んでいるような感じ。おっしゃる通りよくわかります。
 ひとつにはすべての音符の「フレーズの中の、アンサンブルの中の位置and/or意味」がわかってないんですね。
 記事やコメントを読ませてもらって、いろいろ考えることが膨らんできます。好き勝手なことを書いているかもしれません、失礼しました。

 せろふえさん コメントありがとうございます。おわかりいただけたようで何よりです。(^_^)
 私は昔から、一流の演奏家の演奏を聞く度、どうしてあぁいうふうに弾けないのか・・とうてい無理だから、もうチェロを自分で弾くなんて事はやめて聴くだけにした方がいいんじゃないか、等と良く思ってしまいました。
 でも、何度も基礎の大切さを教えられ、基礎に戻って練習を始めてから、できないにしてもどうしたらできるようになるのか、その理屈とかを理解するようになりました。それで、現在は、やめようとは思っていませんし、今後も思わないでしょう。下手でも練習は楽しいし、最後までできなかったとしてもその過程を楽しむ心境にあります。(^_^) 
 そのうち、メモしていくつもりですが、プロとアマはどう違うか、ただ練習量の違いとかではなくて、どういう事に気をつけたら1枚1枚薄皮を剥いでいけるか 音楽的な演奏をするためにはどうしたらよいか、そのためにはどういう練習が必要か チェックしてみましょう。

これもまた、ちょっと違う意味になりますが、
 アマチュア場合、練習というものがモグラたたきですね。このフレーズの練習、次のパッセージの練習、と、次々に考えなしに練習しているだけで、全体として技術、音楽性が向上していないような気がします。
 知り合いの音大出は「(ソナタの)再現部で、(提示部と)同じ注意をされたことはない」と豪語していました。
 例えば「ドミソ」を練習したら、1オクターブ上下でも練習するとか、「ソミド」は?とか転調したら?とか、そうやって練習する余裕があればいいのですが、、、

せろふえさん どうも
 これは違う話のようですが、私は、練習そのものは、部分的に分解して機械的に繰り返す事が有益だろうと思っています。まぁ、何の練習をするかによりますから、一概には言えませんね。
 ただ、機械的にやっていてもそれが何の役に立つか分かっている場合は、やる気も出ますし、そのためには、経験と時間が必要、それが初級者には当然ながら少し足りない、ということかな。
 でも、ここが悔しいところですが、経験の乏しい、意味も分かっていない小さな子どもが、立派な音でキチンと演奏したりするんですよね(^_^)

 うまいひとほど基本的な単純なトレーニングを黙々とこなす、というのはこちらで読んだのか、ほかのサイトだったか、それともサッカーのことだったかな?
 基礎練習も「練習」なのであって、「へたくその定着」にならないように、と思うのですが、なかなか、、、
 うちの娘も小さいときは神童かと思った(^^#)のですが、やめて、あっという間にまったく弾けなくなりました。モグラたたきだったようです。

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

  • 冷蔵庫用卵ケース
    扉の裏側によくある卵入れをやめるとそこにジャムやタレ類など様々なものが収納できて庫内が広く使える。
  • お勧めの超吸水タオル
  • お勧め防災ヘルメット