cello.weblogs.jp > スペインの旅

05 タパス(魚介)

05 タパス(魚介)

マドリッド

タパスとは酒のつまみのような前菜。これがめちゃめちゃおいしい。マドリッド市内の、高級ブチックの立ち並ぶ街区、Estayというレストラン。・・が、まぁ、これにありつくまでには30分以上かかっている。何しろスペイン語が殆ど分かっていないし、スペインに着いたばかりで勝手が分からない。2階の方が落ち着くと聞いていたので入るなり2階に上がり、4人だというと窓際の席に案内してくれた。メニューが運ばれてくる。さて、これが全部スペイン語だ。英語のメニューはと聞くと、ないという。タパスを食べに来たのだから、タパスと言う所を探すがメニューのどこにもない。周りのテーブルを見るとタパスらしきものを食べている人は誰もいない。飲み物を聞いてくるので、こればかりは最初に覚えたスペイン語、Quatro Agua!(水を4つ)と注文。ヨーロッパでは水はミネラルウォーターが瓶で運ばれてくる。全て有料。ここまでは、想定内だ。

| メイン |