cello.weblogs.jp > スペインの旅

06 タパス(肉)

06 タパス(肉)

マドリッド

魚と肉とオススメ各6点セット、これで千数百円しかしない(ヨーロッパでは大体そんな価格帯)。それはともかく、英語の話せる店員に来てもらって何とか(英語は聞けるがスペイン語しか話せない店員なので)料理が出てきた時の嬉しかったこと。あとで考えたら、ここはタパス専門店だから、メニューにタパスの文字はないのだった。ともかく、ここの料理は大変おいしかった。スペイン料理は日本人に合うとは聞いていたが、塩加減さえ気をつけてくれれば、その通りである。他に外国人は全くいない店で、殆どが常連のようだ。午後2時から4時までがスペインの昼食の時間、ゆっくりワインを飲みながら食事を楽しんでいる人たちの中で、ばちばち写真を撮りまくって水とタパスを飲み込む日本人は異様だったかも(^^) いやいや、スペインの人たちは大変親しみやすく、気取った所などない 怪しげなタクシーの運チャン以外は大概親切。

| メイン |