最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« チェロレッスン-24 フォーレ | メイン | 楽器演奏者のストレッチ »

2007-03-15

コメント

とてもよさそうなDVDですね。12600円はDVDの値段としてはやけに高いけど、goshuさんのおっしゃるとおり、レッスン2回分(私の場合)と思えば安いのかも。コル・ニドライはいつか弾きたい曲でもあるし・・・欲しいな〜。
ティレ、プッセも納得です。思えばダウン、アップなんてセンスのないネーミングですよね。

まかべさん
 値段のことですが、ものの考え方ですが、映画のDVDは2人で1回映画を見たら買える値段。レッスンは1回のレッスンと同じ値段。だから、高くはないし貴重なノウハウですから。そりゃ絶対見た方がよい、お金をけちって間違った練習やコツが分からないまま苦労するなんて・・・
 今度お見せしますね。このシリーズの最初の「基礎編」も良いです。より初心者向け。その時分かったつもりで何年たってもまだ間違ってる(^^;) やっぱり時々見ませんと・・
 全く無機的と言っても良いレッスンビデオもあるのですが、テクニックを教わるというのも勿論ですが、それとは別にもっと人間的なことにもヒントがあります。楽器を習うって技術以上のもっと幅のあることですね。だから、やる価値がある。
 最初に習った佐藤良雄先生は、とても印象深い想い出になっています。レッスンで何を習ったと言うより、その場の雰囲気、音楽に向かう姿勢、それがかけがえのない想い出。その空気を吸っていたと言うだけで幸せ・・・同じような感じは、一昨年神戸の国際チェロコングレスのグリーンハウスさんのワンポイントレッスンを聴いていて感じました。・・考えてみれば2人ともカザルスの弟子。私にそういう意識があることもあるでしょうが、やっぱりカザルスの薫陶を深く受けた人には共通するものがあるのでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

定番:おすすめ

仲良しショップ