最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« 邪道と言われても・・ | メイン | ハイポジションで遊ぼう »

2010-06-09

コメント

goshuさん、お久しぶりです。

何かチェログッズについて検索をかけると、大抵このブログがヒットするのです。おかげで物欲をたいそう刺激されて、あれもこれも買ってしまいました(^_^; モイスレガート、クリップ式チューナー、ウルフエリミネーター、PCMレコーダー・・・。この間はストラップの金具がバカになってしまったので、買いなおそうと検索したら、またこのページが(笑)

ところで、実はこの曲、今やっております。はい、いわずと知れた天トリですが、この3楽章の頭はあまりにもひどくて、もう穴があったら入りたい気分になるため、最近はVnが入ってくるAのところからやってもらうのがデフォルトになってます(-_-)。

これってシューマンのピアノ四重奏と並んで、チェロ弾きにとっては生涯一度はと思う曲ですが、現実は厳しい。あまりにも無残です・・・。しくしく。

ところで、ドヴォルザークのピアノ四重奏も、これまたチェロに長大なメロディ、しかもソロが出てくるんですよね。これも非常においしい。ちょっと暑苦しいですが、いい曲ですよね。

わぁい がんきち親分だぁ! 今度アンサンブル遊んでくださいよぉ 美女トリオまだやってるんですね コンサートの時は声を掛けてください。Aから弾くんですか、そりゃそうかも(^_^) あぁシューマンのアンダンテ楽章もおいしいですよねぇ これを知らないチェリストがいたら不幸だ(^_^)
 どっちにしろ謙遜なさってるけどがんきちさんなら美しく弾くのではと思いますが・・・。演奏の機会があれば教えてください。

これはかつてバリリSQのLPで聴いてから憧れの曲ですね。気品のあるブラヴェッツのチェロがすばらしい。

今の私にはピアノ4重奏というのはなかなか合わせる機会がないですが,真っ先にやりたい曲です。

ダンベルドアさん こんにちは
 やっぱりお好きでしたか(^_^) 私は1度だけしかやったことないけど、バイオリンがなかなか気持ち入れて弾いてくれない(^_^) って言うか、チェロはメロディにものすごく気を入れる?ンですけど、いつもメロディを弾いてる第1バイオリンの人は、あぁこんな感じか程度で終わる人が多いみたい。室内楽の場合、そういう気持ちの入れ方が同じような人とやりたいのにそれがなかなか・・。本当にこの曲が好きだって言う人としかやりたくない、デス。(^_^)

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

定番:おすすめ

仲良しショップ