最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« 弓の毛替え | メイン | 弦を新品に »

2010-09-30

コメント

円高、国としては大変ですが、利用させてもらってます。海外から弦を輸入すると、安くてびっくりしますよ。私が注文しているのはアメリカですが、注文金額が100ドルを越えると送料が無料になるので、オケ仲間などに注文を募って、一括で注文しています。大体1週間前後で届きますし。ちまたで安いと言われている4~5割引きの通販店価格の、さらに7掛けくらいで買えます。これなら、気になる弦も、えいっ!と試せますよ~。
あとは、ドイツ語の本やDVDをよくドイツamazonに注文します。一時は1ユーロ=170円くらいでしたから、びっくりするほど安くなりました。

がんきちさん おひさしぶり
 100ドルなんて弦1セット買ったらすぐですよね。あんまり大量に買うと、関税がかかるかも知れないけど(^_^)、この際、やっぱりやるべきですね。
 でも、えいっ!と買ったあとでいらなくなったのは安く下取りしますよ(^_^)関心があるのはヘリコアとかピラストロのパッショネートとかゴールドとかも安いんなら試してみたい
 沢山弦を用意して弦の試奏会及び交換、販売会なんて企画してくださいよ。安い上に無駄がない。情報も一杯集まる・・・是非是非企画を!

調べてみました。(^_^)
パーマネント弦1セットの価格 定価は43050円
 日本のStringuLabo.comの場合25830円
 アメリカのSharの場合211,85ドル 1ドル=85円で計算すると約18000円。
http://www2.sharmusic.com/Shop-Shar/Strings/Cello/Cello-Strings/
 Sharmusicは十数年以上前に初めてその存在をネットで知って、カタログ請求したらあっという間に分厚い商品カタログを送って来て感激したもの。ここなら安心。

弦の試奏+交換会、いいですね~。やりたいなあ。相場が84円強の時のカードレートは86円くらいでしたが、それでもずいぶん安いですよね。

話は変わりますが、私はA/DをパーマネントSoloist(曲によりEvaのSoloist)、G/Cをスピロコアのタングステンにしているのです。でも、この間「円高だし、パーマネントのG/Cを試してみるか」と、えいっ!と買ったら、下2弦は私の楽器に合いませんでした(涙)ウルフがものすごく出てしまい、エリミネーターでどう調整してもダメだったので、2日であえなくギブアップ。4弦どうしても張りたいのだったら、楽器屋さんでそのように調整してもらわないとダメみたい。
というわけで、早速、パーマネントのG/C線、ほぼ新品のものが浮いてます…トホホ。

 早速商談か・・(^_^)
 私は全弦パーマネントですので、ただし、C弦は職人さんから勧められてソフト弦をお試し中。ソフト弦というのは少し細身になっていて発音が楽だということなので(プロの皆様が私の楽器の低音は強い、弾ききれるのかな、などと脅かすので・・(^^;))
 先日知り合った音大生は、パーマネントのG線は絶対お勧めと言ってました。
 だから、その弦は決して無駄にはなりません。売れますよ(^_^)
 それはともかく、弦というのは大変微妙で、付けてみないと分からないし・・同じタングステンでも、スピロコア、ラーセン、パーマネント、それぞれで全然違います。私の場合、スピロコアのタングステンが最初で目から鱗でした。でも、ラーセンタングステンはがさがさいって合いませんでした。同じ重金属でスピロコアのシルバーも使ってみたけど駄目。スピロコアタングステンも長く使って良かったけど、パーマネントの方が味があります。こういうのは、楽器との相性なので何とも言えませんね。この間数万円が無駄に飛んだわけです。
 だから、色々試して見てそれから追求する機会って必要ですよね。お試し会やりましょう! でも、私は、もっていた弦はみんな処分してしまってパーマネントしかないんです。他に賛同者が現れないかな・・・

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

定番:おすすめ

仲良しショップ