最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« 7日後はレッスン | メイン | 楽器の上達 »

2007-01-20

コメント

うーん、
教授法についてはコメントできませんが、それ以前に、
レッスンもある意味「顧客満足度」が問われるサービス業なんだから、「達成感を味わせてあげる」とか考えないんでしょうか。
生徒のほうも「いつまでも1ポジションだけじゃあんな曲やこんな曲を弾けるようにならないじゃん!」と気づくべきじゃないかなあ。
そういう先生←→生徒のやりとりというか、キャッチボールがあれば、徐々に方向修正していい関係が築けると思うんですけどね。

Yoshiさん どうも
教育に関しては「顧客満足」は意味がないと個人的には思いますが、ともかく感心しちゃいますね(^_^) 基礎を徹底的にやる、できていないのに先には決して進まない、と言う方針が、実は近視眼的だと私は思いますけど・・・あいうえおだけ繰り返しても喋れるようにはならないし・・・
 しかし、ですね、実は、何故その先生についているかというと、若くて独身のかわいい先生に習いたいという実に不純な動機があったんです(^^;)

先生にほめられたい→やる気が起こる→練習する→うまくなる、というのはとてもアリだと思います! 
だから独身のかわいい先生に習うというのは、案外上達の近道かも?!(私もできればカッコいいイケメンの先生に習いたいもんね)
そういう意味では、その先生はちゃんと顧客を満足させているのでしょう〜。

しかしうちの先生みたいに習い始めて3ヶ月でハイポジやらせるのもどうかと思うけど、その方、3年間第一ポジションだけでよく我慢できていますよね。やはり愛は勝つ!なんですね(笑)。

まかべさん こんばんは
3ヶ月でハイポジってのも良いですね。何が難しいかわかんないうちから、こんなもんすかって訳も分からずやっちゃう・・・その結果がどうなってるかみてみたいです(^_^)

僕の先生も若くてかわいいですが、それだけでは3年間続かなかったと思いますね…いや、それじゃこのエントリの本題から外れてるか^^;

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

私のお勧め

定番:絶対おすすめ

仲良しショップ