最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« 超軽量スーツケース買った | メイン | チェロアン練習 »

2011-06-11

コメント

念のため、これは新作と言っても1999年製というので、作ってから12年目。新作楽器は20年たたないと真価は分からないといわれている。天才少年、二十歳過ぎればただの人、ということはままある。が、この楽器はそんな感じはしない。

今まで試奏した感想は、新作はそばで聴く音量は大きく元気ですが心を捉える音色はオールドに勝てないと思っていました。

でも新作の真価がわかるのは20年後ということは、私がこれから買うとすれば新作では時間がないですね。

私のチェロは,よぼよぼで補修の後が痛々しいチェロなので、健康な新しい楽器に憧れます。が、今注文しても入手出来るのは5年後、それから熟成にかかる年数を考えると,もうチェロが弾けない年齢かも・・・
いつまでも あると思うな 親と金。
いつまでも 弾けると思うな 今の内。

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

定番:おすすめ

仲良しショップ