最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

« ブラームスづくしのコンサート | メイン | 地方の文化 »

2011-12-06

コメント

と、おもったらそうでもなかったみたい。懇意にしている職人さんに見てもらったらいくつかの問題点が。ネックとか指板とか・・とりあえず、魂柱を造り替え、後は年が明けてから、ちょっと工事をする必要。ただ良いのは、明るく鳴るのにうるさくないという点(大きくてうるさい音嫌い)。弱点の裏返しという場合もなきにしもあらず、ですが、良いところを大切に、改善していきましょう。弦選びもなかなか大変そう。

低弦2本をパーマネントにしてみる。C線が音がひっくり返りやすかったのが改善し、音に落ち着きがでた。パーマネントの低弦は、タングステン巻で細いので、発音が容易で、弾きやすい。これ、正解。
上2本を試しにイタリアンに張っているパーマネントにしてみると、ラーセンだとふわっとし過ぎるのが、適度に芯が入ったような感じ。一応、上2本を注文して送ってもらおう。両方のチェロ共パーマネントになりそう(^_^)
明日はエンドピンをカーボンにして試して見よう。しばらくこういう事が続きそう。

家族が増えておめでとうございます。
二台を使っていくって大変でしょうね。
「ルリユールおじさん」という、チェロには何の関係もない絵本を読んで、
フランス製チェロがすごく欲しかった頃がありました。
とても気に入って、相当考えた楽器もあったのですが、
結局違うチェロを迎えました。
マルセイユ生まれでしたね。
この前、お店に行ったらまだ残っていました。
しかも、二割引・・・
でも今の楽器に大いに満足しています。
ピカピカの新作、製作者本人が、「健診」してくれます。
楽器の健康状態って大事ですね。

えにおさん そんな良いチェロが何故売れ残るのだろう・・・?私のもマルセイユ生まれです(^_^) 新作チェロも欲しいけど、できあがるまで待てない、もう時間がない(^_^) 中古が一番。健康で、安定してるのは、20年から80年位前までの楽器ではないかと推測していますので、私のマルセイユ生まれの中古はまぁまぁです。

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

  • 冷蔵庫用卵ケース
    扉の裏側によくある卵入れをやめるとそこにジャムやタレ類など様々なものが収納できて庫内が広く使える。
  • お勧めの超吸水タオル
  • お勧め防災ヘルメット