最近のコメント

フォトアルバム

スペインの旅

  • 13 カザルスの生家
    2005年10月31日から12日間、生まれて初めてのヨーロッパ旅行に家族で出かけました。

自作サイト

« 歩き方、喋り方、弾き方 | メイン | 弓の速度コントロール »

2012-07-12

コメント

いつも良い記事をありがとうございます。
リーダーに登録してもれなく拝読しております。

チェロを習い始めて約1年の者です。
ロングトーンの練習、早速練習に取り入れました。
もちろんまだ成果はみえませんが、やっていて
なんとなく手応えを感じる練習だと思います。
今後が楽しみです。
ありがとうございます。

ポージーさん、今晩は
ロングトーンって、フルートでもバイオリンでも必ずやっていますね。フルートなんかでも、これをちゃんとやっていない人は、聴いていてこっちが苦しくなる感じがします。フルートの場合は、息が不安定だと音の大きさだけでなく音程も変わるので、この事がよく分かります。無理をしないで少しだけでも出来る範囲で練習してみて下さい。長く続けることで必ず成果の出る練習です。

始めまして、今日このサイトに出会えました。私は昨年勤めを退職し憧れのチェロを始めたものの難しくて悲鳴を?上げてます。「ロングトーンの練習」懇切丁寧な説明は有り難かったです。しかしそもそもロングトーンの事が今ひとつ理解できていません。そして、右の親指が痛くなって長時間の練習は出来ません。何かアドバイスを頂ければ有り難いです。よろしく!
               チェロ子

チェロ子さんは レッスンに行ってらっしゃいますか?楽器は先生につかないと弾けるようにはなりませんので。右の親指が痛くなると言うのは最初はみんなそうです。そのために間違った抑え方に自然になったりします。みないと何とも言えませんが、楽に持つためには、血圧計のゴムバンドみたいなゴム管を買って来てそれを指の当たるところにつけたり、毛皮のサックを作ったりしている人も多いです。
「弓カバー」でサイト内検索をしてみて下さい。
http://cello.weblogs.jp/goshu/2010/09/弓カバー.html

アドバイス有難うございます。
楽器店でグループレッスン(2人です)を受けてます。やはり個人の方がいいのでしょうね。限られた時間内で余り質問が出来ないのも悩みです。ゴムチューブを求めようと思ってます。 コメント頂いて気持ちが軽くなりました。

この記事へのコメントは終了しました。

この雑記帳の記事検索

最近のお勧め

定番:おすすめ

仲良しショップ